「珈琲時間」11月号

今発売中の雑誌「珈琲時間」11月号に

6月に行ってきたロンドン・北欧の旅で感じたこと、
中でも刺激を受けた3つのお店
コペンハーゲンの「コーヒーコレクティブ」
ロンドンの期間限定だった「ペニーユニーバーシティ」
同じくロンドンの「モンマスコーヒー」について
書かせていただきました。

もとをたどれば、『料理通信』さんに
旅レポートの企画をメールして、


小倉さんにお会い出来た事がはじまりでした。



そしてある日、鎌倉のカフェ ディモンシュの堀内さんから
ロンドンの旅行記を書くところがもし決まっていなかったら
「珈琲時間」さんが書く人を探しているけど、どうですか?
と メールをいただきました。
(カフェスイーツといい、堀内さんにはお世話になりっぱなしです)
それはもちろん!とすぐにお返事し 旅に出掛けたのでした。
旅で感じた感動、発見、思いはたくさん頭の中にあるんだけれど
それを文章に(しかも4ページ!)する作業が
想像以上に苦しく、どうしようもありませんでした。
そんな時ソワニエの取材があって、
ライターの前田亜礼さんに相談したら、
「須永さんの主観で書かれたらいいと思いますよ。
 手紙を書くように書いてみたらどうですか。」と
言っていただき、肩の力を抜くことが出来ました。
それでも、なかなか書けず 悶々とする日々が過ぎる中
パッと浮かんだのが救いの女神 小坂さん。
「九州喫茶散歩」などでお馴染みの小坂章子さんに
電話をしたら まず、
文章を書くことは苦しいですよ、と。
それから具体的な文章を書く方法を教えていただき、
何度かメールでやりとりし、励ましてもらって
どうにか形にすることが出来ました。
101012_1633301.jpg
ちょっと大きめの書店で。
ぜひ手にとってみてください。