え~!?エチオピアは1年13ヶ月!?

そうなんですって!
1年は13月まであって 1~12月は30日まで。
13月はたったの5日(笑)
面白いですね。
そして、今は2000年。
ミレミアム 真っ只中らしいです!
昨日 エチオピアの日本大使館にお勤めのTさんとスタバでお茶してきました。
去年の年末に私がコーヒー屋やるということで 友達が紹介してくれた方。
なんとこの前の洞爺湖サミットでエチオピアの首相のリエゾンという付き人をされた方!
今までは ずっとメールと1度だけ電話でお話しただけで
会うのは昨日が初めて。
エチオピアにお住まいのTさんは携帯をもちろん持っていないので
Tさんが書いてくれてた特長を頼りに待ち合わせ。
久しぶりのそんなシチュエーションでの待ち合わせでした。
(ドキドキでした!)
エチオピアは今コーヒーの農薬残留問題があり 日本のみ生豆が入ってきてません。
エチオピアのコーヒー豆輸出先1位はドイツ、2位日本(すごいですね)、3位アメリカ。
1位のドイツよりも基準が5倍位日本は厳しいそうです。
しかし、焙煎済のコーヒー豆であれば日本に入る事が出来るということ。
本来エチオピアは高度が高い位置にある為 農薬はいらないそう。
しかも生産者は農薬を買うお金もない。
大体1日30~60円の収入だそう。(おいしいコーヒーの真実
加えて周りに海はなく 雨が降らなかったり資源が乏しく自給自足が出来ていないので 食は輸入に頼らざるを得ない。
なので 意外と物価が高い。
ご存知でしょうか?
エチオピアはコーヒー発祥の地だってこと。
そして 最貧国の一つだってこと。
何か私達にできることってないんですかね!?
経済が発達するには1次産業である農業で自給自足出来て 第2次産業が発達し 第3次産業が発達し・・・(詳しく教えていただいたのですが・・・)
その1次産業が出来てない時点で厳しいそう。
資源でもあれば別ですが。
実際「おいしいコーヒーの真実」でも コーヒーはお金にならないから
とコーヒーの木を切り倒し チャットという麻薬の1種に植えかえてるシーンがありました。(エチオピアでは合法で唯一の!?娯楽らしい)
今は花の栽培を進めていてオランダなんかに輸出をしているそう。
貧しさ、飢餓という問題は複雑で 今に始まったことではないし
貧しい国はエチオピアだけではありません。
でも 何か糸口はあると思うし 出来ると思うんですよね。
これだけいろんな出来ることが出来る時代。
昔の人は人間が空を飛ぶなんて ネットで世界が繋がるなんて 
想像もつかなかったでしょう。
でも 出来ています。
それだけのパワーを本当に集めれば こうした貧しさや世界の南北の問題や温暖化等 解決出来ると思うのです。
やっぱりエチオピアのコーヒーがおいしいということを
まだ 日本の人は知らないんですよね。って言ってて
ピーン!ときました。
私が出来る事は エチオピアのコーヒーは気高く 香りに満ちた
おいしいコーヒーであるということ 代わりがきかないコーヒーであることを
伝えることだ!
今 もう私の手元にはエチオピアの生豆はないんですが エチオピアの豆に代わる味を出せる
豆はないんですよね。
画像0142.jpg
途中で 国の指定文化財を修復する仕事に就くのが夢という スタバの青年(がんばれ!)も
加わり話していたのですが
ケニヤでもないし やっぱりあの味はエチオピアじゃないと ダメなんですよね~
って。
涼しくなってきて でも日中はまだ暑いという 今の季節に
エチオピアはピッタリ。
コーヒーを買うとき そこにエチオピアがあったら 飲んでみてください。
エチオピアの人は ネクラだそう(笑)
これをやっておいて というと 時間はかかっても
ちゃんとやるような気質だそう。
なんだか かわいいですよね。
そして こどもをすごく可愛がるんですって。
Tさんは7さいと4さいのお子さんがいて エチオピアの人は知らない人でも
こっちで遊び~と
とても 可愛がってくれるそう。
アジスアベバ マラソンだけじゃない エチオピア。
まずは 知ることからはじめたいです。
Tさん貴重なお時間ありがとうございました!
数字など間違えてるところがあれば[:たらーっ:] ご指摘お願いいたします!