ほぼ完成!

あっという間。
今日はこの道12年。
いやいやまだっすよ~ という
超細いまゆげと耳のピアスがキラリと光る いなせな塗装屋のお兄さん。
画像0021.jpg
写真は恥ずかしいっす というお兄さんに
撮った写真を見せると これイイッスね。
と了解を得たので一枚。
キレイに仕上げていただきました。
飾り棚は 半ツヤの白を。
画像0336.jpg
トイレは黄色に。
本当はもっと薄い 柔らかな感じがよかったけれど
これもまたよし。
なんか 絵を描きたいなぁ。
画像0150.jpg
この物件は住居用の賃貸なので、現状復帰で返さないといけません。
(でも建物自体古いのでトイレの黄色はいいと言われたけど壁紙は うわぁ!これは派手ね。これは戻してもらわんと、と笑われました)
なのであまりいじれず、また低予算で出来る事を考えました。
といっても めちゃめちゃ話し合いを重ねた訳でも
根つめて考えた訳でもなく、
「堂園さんいいですか?」と電話して
「いよいよ決めたんですね!ご主人はいいって言われてるんですか?」
「はい。」
という事で 一緒に中を見て こんな風にしたい、
こんな色を使いたい、こんなイメージなんです とイメージブックを見てもらい、
色の見本や板のサンプルを見ながら
例えばたくさんある青からどの青か
どの質感か、本物の木でいくか そうじゃない安いやつにするのか。
台の高さはどれ位にするか。などなど。
笑いながら。
う~ん こんな感じ・・・
あ~ こんな感じですね~
じゃあ そんな感じで
なんか そんなゆるい感じで決めていきました。
しかし、仕上がりは想像以上!
現場では色にしても、ここを何センチにするか、どのパーツを選ぶかとか即決を求められます。
じゃあ 明日まで考えときます、とかじゃなく 今。
他のものを見てから、とかではなく 今あるこの選択肢の中から 一つ。
そして それは簡単に変更出来るものではなく。
どうするか。
誰かがよりよいものを決めてくれるのではなく
決断するのは私。
こうして 緊張しながらも決断をし続け たくましくなっていくんだろうな。
明日は 私が考えてる試みを書きたいと思います。