ドーナツドリッパー講座もあったんです

 今回は会場がビジョナリーアーツという

フード・ペット・ウエディングの専門学校だった為
若い方、学生の方が多かったです。
就職の話をしていたら
「コーヒーを勉強しながらレストラン等に就職する」
と言うのです。
本当はバリスタとして就職したいけれど
働く場所がない。
ズキっとしました。
若い世代が育つにも、コーヒー業界がもっと活性化するためにも
福利厚生をしっかりしたお店を作らねば と
思いました。
今は まだまだまだまだですが。
なぜ バリスタかというと
「かっこよくて 美味しくて 自分もその魅力をお客さまに伝えたい!」
からだそう。
韓国の女子なりたい職業も1位は「バリスタ」という
話を聞いた事があります。
コーヒーの魅力を伝える 新しい(新しくはないですが)
職業。
やはり 情熱は 伝わるのです。
さて、前置きが長くなりましたが。
おー 写真がアップ出来ない。
いい写真を撮って頂きましたので 
ドーナツドリッパー講座の模様はまた追ってアップします。
最初は 緊張のため? あまり表情がなかった方も
最後は笑顔で「受けてよかったです!」と生き生きされていて
とてもうれしかったです。
前回に引き続き 名司会を担当してくれた
こがっちさん。

前回はペンがマイクでしたが

今回は本物のマイク。

職業はコーヒー屋さんですが

まるでアナウンサーでした。

そして ユーストリームやデジタル関係、資料等

裏方として支えてくれためいめいさん。

(もちろん iPad は予約済みだそうです)

100523_1300141.jpg

前回のラテアート大会の記事の写真はめいさん撮影のものです。

そして、協賛もたくさん頂きました。

ビジョナリーアーツさん

ダートコーヒーさん

ラッキーアイクレマスさん

ハリオさん

美松珈琲貿易さん

カフェトライブさん

タカナシ乳業さん

明治乳業さん

ありがとうございました。

マシンの搬入、設置では

ダートコーヒーの内野さんにお世話になりました。 

 

撤収!