フェアトレ-ドとは

シェアである。
幸せを分かち合う。 
フェアトレードとは貿易の名前。
フェア=公平 トレード=貿易。 フェアトレード=公平貿易または公正貿易。
画像0148.jpg
今日はベイサイドプレイス(懐かしい)の小会議室で講演&対談がありました。
エクアドルのインタグ地方から来日した 
森が大好きで家族、コミュニティを愛するカルロスおじいちゃん!?
(愛嬌のあるやさしい雰囲気と強さを感じさせる佇まい)
カルロス・ソリージャさんと
ハチドリ計画ナマケモノ倶楽部等でもご活躍されている
有機栽培・フェアトレードのコーヒーを扱うウインドファームの中村 隆市さんのお話でした。
カルロスさんは昔ながらの森林農法という方法で森の中でコーヒーを栽培しています。
この農法はいいことずくめ!
コーヒーの木は日の光は必要だけれども直射日光に弱い。
森だとコーヒーの木を守るように、グアバやマンゴーアボカドなどの木が
シェードツリー(日陰になってくれます)として守ってくれます。
もしも雨が多かったりなんだったりでコーヒーが不作になった時、
農家の方たちはこれらが食料になり生活の糧にもなります。
また葉っぱが落ちて腐り、これが肥料になり豊かな土壌となる。
日陰だから雑草が生えず草取りの手間、農薬の必要なし。
木達が根を張るしっかりした大地となる。
さらに!私達も香り高く良質で、安全なおいしいコーヒーが飲める。
コーヒー生産地には絶滅品種の植物、動物達がたくさんいる場所でもあり
(ホットスポットと呼ばれています)
森があればこれらの動植物達は生きることが出来る。
地球の破壊も食い止められます。
どうですか?
普段 何気に飲んでいるコーヒー。それには ただ おいしい~
だけではなく、地球を守ったり 生産地の人達の生活が楽しくなったり
私達がこうしたコーヒーを選び、飲むことで森を地球を守ることも出来ます。
フェアトレードは 国際相場がいくら下落しようと原価は保証されます。
安く買いたたいたものではなく、適正な価格を生産者の人達に支払っていますよ、
環境面にも配慮したものですよ、というものの証でもあります。

これがフェアトレードの証。
最後に。カルロスおじいちゃんから。
「考えて欲しい。今 君はどこに住んでいるんだ?
 植物・動物・人間 皆 地球に暮らしている。
 このままでは破滅するのは目に見えている。
 どういうものを選んでいくのか。
 フェアトレードを買うだけじゃ十分じゃない。
 ライフスタイルを考え直す必要がある。
 僕たちは常に希望を持って、持続可能を信じている。
 今日から、明日から出来る事。何が自分に出来るか。
 この話を聞いて よかったね、で終わってほしくない。
 君に何が出来るか考えてほしい。」
自然に学び 真似てデザインしていく。
森林農法のことを語るとき そう言ってました。