九州チーム 優勝しました!

 



ローストマスターズチャンピオンシップ2010
招待審査員部門1位
一般審査部門  2位
という素晴らしい結果を この九州チームでつくることが
出来ました。
(珈琲工房森山の森山さんとヴォアラコーヒーの桜子さんも共に)
北は北海道 南は九州と6つのエリアに分かれて焙煎対決。
といっても、対決が目的ではありません。
いかにコーヒー豆の魅力を十分に引き出した焙煎豆をつくり上げるかを
協議し、焙煎を行う 言わば切磋琢磨をする場であります。
それを1人でやるのではなく
地域、個人の壁を越えた素晴らしいイベントです。
今回のお題のお豆は
アフリカ ルワンダのコーヒー豆(MIBIRIZI SP GRADE A)。
私達のチームのコンセプトは
このルワンダコーヒーの持つフルーツ感を引き出す焙煎」。
審査員の方々からは
すばらしいアロマ、ジューシー、オレンジ、ストロベリー、フローラル、アップル
キャラメル、クリーミー、複雑、などのコメントをいただき感激でした。
そして 感激といえば向かって右から4番目に立っている
蘭館の田原さん。
見事ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップに優勝され
来年オランダで開催される世界大会に日本代表として出られます。
おめでとうございます!!
九州 実は今 コーヒーがあついんです!