今週は「COFFEE & MUSIC」強化週間!

鎌倉の「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」
15周年!を記念してつくられた
コーヒー魂あふれるCD「COFFEE & MUSIC」。
もうすぐ発売されて1年を迎えます。
マスターの堀内さんがコーヒーにちなんだ曲をセレクト。
そして それを
ブラジルのジアナさんの伸びやかな歌声と
ミッヒ・フジシュカさんがギターが優しく奏でる
ほっと心あたたまるアコースティックな1枚です。
このジアナさんとミッヒさんが なんと今週末の土曜日
福岡にいらっしゃいます!!
場所は、福岡のハイセンスな空間で好奇心を刺激してくれる
大人な本屋さんキューブリック箱崎店。
マンリーコーヒーでは、ウエルカム~ってことで
お店で「COFFEE & MUSIC」ヘビーローテンション中&
ネットからもご購入いただけるようになりました。→こちら

先日も「これやばい・・・」と豆を買われた後
財布を確認してCDお買い上げいただきました。
(ありがとうございました)
ご自分用にお店用に、そしてプレゼント用に好評いただいてます。
ライブであの声と優しいギターに包まれる秋の夜長・・・
貴重なこの機会に(from ブラジル)ぜひ お出かけください!
博多三大祭りのひとつで毎年100万人の人出で賑わう
放生会の最終日です。
祭りとボサノバ。デートコースはこれで決まりですね。



ジアナ・ヴィスカルヂ&ミッヒ・フジシュカ・ライブ(Fromブラジル)


日時:2010年9月18日(土)20:00
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
参加費:2500円(ワンドリンク付・要予約)
ご予約・お問合せ:ブックスキューブリック箱崎店TEL092-645-0630


Giana Viscardi & Michael Ruzitschka
「若き日のガル・コスタやジョイスの再来」と評判のジアナ・ヴィスカルヂ。
2ndアルバム『4.3.2.1』は日本でも輸入盤の時点からすでに話題となり、
日本でも知名度をすでに広めている。
パートナーはプロデューサー兼ギターを担当するミハエル・フジシュカ。
1976年サンパウロで生まれたジアナは幼少の頃から音楽と親しみ
サンパウロの音楽学校で歌唱とパーカッションの教育を受け
’98年に渡米しボストンにあるバークレー音楽院に学ぶ。
そこで多くの音楽仲間と知り合い卒業後も
ニューヨークやスイスのモントルー・ジャズ・フェスティヴァルでも演奏、
次第にブラジル内外でも知名度を上げ始める。
こうして知り合った仲間たちと一緒に1st『Tinge』を発表。
彼女の名前を一躍有名にしたのは『4.3.2.1』の発表後。
その伸びやかで表現力豊かな歌唱力と、
自らクリエイトする楽曲の素晴らしさに「MPBの新星」とブラジルをはじめ
ここ日本でも話題となった。
プロデュース兼ギターを担当のミハエルと共に現在も世界を股に駆けてツアーを行っており、
今後の活躍からますます目が話せないアーティストである。