心を開き、あぐらをかかない そして夢にむかう

来週の焙煎合宿は2泊3日。
家を空けるので私の母に来てもらうようにしていたら
父が来るという。
おっおー。(ご飯の仕込をしていかなくちゃ・・・)
両親2人で春~夏は桃、今の時期はいちじくを作っています。
只今出荷真っ最中。
父は車の免許を持っていないのでいちじくを運べない。
その為運転が出来る母に代わり来てくれる事に。
そんな父から「お店の方はどうだ?」と電話がありいろいろ話してると
「コミュニケーションは心を開くのが一番」
「心を開くのが大事」と言っていました。
田舎の気の良いおいちゃん、という風情の父ですが
たまにピンポイントなメッセージをくれます。
コミュニケーションももちろんそうだし、
なんか最近内へ内へ目がいきがちになっていたので
思いっきり心を開いてみよう、というか ガチャリ 心が開きました。
そして、昨日同じ日にお店を出した八百屋のつねちゃんと話してて 
「店をだしたけんってあぐらをかかんで
やっぱり週に1度はちらしをまいて、来てもらわんとね。
お店に来るよーって言っても習慣になってないけん、来んよね。そうなるようにね。」
ここでも ガツーン。
そうだな、私店を出して守りに入ろうとしてたな。
あぐらをかかず 汗をかけ!
最後に。今日遊びに来てくれた若者2人が帰り際
まだまだこれから(2010年カフェ計画の)夢がありますね~、と言ってくれて
あ、そうか 私そういえば夢まだあったな~ と新鮮なキモチになりました。
お店が出来て、今からスタートだ と日々の営業のこと焙煎のことお歳暮のこと(笑)
に集中してたけど、その先にまだ夢というものがあると思ったら キラリと光った気がしたのです。
今 やってることは もちろん 好きなこと。夢だったこと。
そして さらに 夢がある。
楽しいことばかりではなく、たまにお腹がキリキリ痛くなるような事もありますが
それもまたチャンス。
そんなこんなで 心を開き あぐらをかかず さらなる夢にむかっていけば
人生楽しいんじゃないかな と思う 秋の夜。 のりこ。
MANLY COFFEE HP!