愛する人に ワインとチョコとコーヒーを

 木曜日に行われたワイン会 大いに盛り上がりました!
         Image001.jpg
講師を務めて頂いたソムリエの小松さん 
ご参加いただいたマダム&マドモアゼルのみなさま
手伝ってくれた妹よ
ありがとうございました!
今回は分かりやすい小松さん作成のテキストの元
・お酒の種類
・ワインの種類
・醸造法
・アルコール発酵
・「マリアージュ」とは
・ワインと料理の組み合わせの目安
・ワインテースティング
・後味の余韻
・飲用適温
・発泡性ワイン
 
を 実際にワインを試飲しながら、
随時質問しながら 笑いながら 学びました。
今回のワイン
 
・・・の前に ワインになる一歩手前の発泡性のある
ブドウジュースからお味見
100204_1609101.jpg
その名も
JUS(ジュース) de RAISIN(ブドウ)
 
ブドウのジュース
このまま置いておくとワインになるんだそう。
味はアップルタイザーのような味で
(とてもおいしい!)
シャンパンのようにコルクで栓がしてある
なんとも贅沢なジュースです。
続いて 
赤 「シャトー・ラ・サル・ド・シャトー・プジョー 2002」
100204_1608201.jpg
白 アルクーミ セミヨン ソーヴィニヨン・ブラン 
  
100204_1608081.jpg
(私がオーストラリアにいたことがあるので
 オーストラリア産を選んでくださいました!)
 
そして
 
バニュルスという酒精強化ワインの甘~い赤ワイン
100204_1607501.jpg
合わせたチョコは
100205_1731311.jpg
赤に       ブルーベリーをタークチョコレートで包んだもの
白に       16区の奄美パッション生チョコレート(ホワイトチョコベース)
バニュルスに  ヴァローナのカカオ分64%のマンジャリ
           白い小枝 
どれも 見事なマリアージュでした。
特に白×パッション生チョコが 皆さん絶賛でした。
とてもたくさんの へぇ!ほぅ!ええー!というお話があったのですが
特に興味深かったのがマリアージュの話。
マリアージュ=結婚 ですが
結婚には多少の不平不満がつき物。
ワインのマリアージュも 多少の不平不満はあって
全て完璧じゃなくてもいいですよ、
という懐の深さ。
マリアージュには大きく3つあって
1つはコーヒーと同じ考え方。
           同じベクトル 見事なハーモニーを楽しむバージョンですね。
2つ目はワインと料理の色を合わせるという方法
3つ目は 面白い!と思ったのですが 「味を付け足す」という考え方。
      料理に足りない味、欲しい味をワインで完成させるという発想。
      例えばスパイスを本当のスパイスを使うのではなく
      スパイシーなワインを合わせるとか。
      
ワインとコーヒーは共通するものがたくさんありますが
ワインはとても シンプルだな、と思いました。
そして コーヒーも。
次回も小松さんにお越し頂き(!)
ボジョレーの時期に開催を予定しています。
タイトルは「ボジョレー DE ジビエ&エスプレッソ」(予定)
隣のおしり社さんが その時期はジビエが美味しいけん!
チョコのソースが合うとよ~ と。
チョコのソースではなく エスプレッソのソースでいかがでしょう!?
今回ご参加いただいた皆様、今回ご都合のつかなかった皆様
またぜひ 秋にお会いしましょう!
そして 2月14日のバレンタインデーは日曜日。
ワインとチョコとコーヒーで ステキナスイートな夜をお過ごしくださいませ!