10年前は・・・

あるホテルの最上階のバーで バーテンダーの修行をしていました。
開店前にフレッシュジュースのオレンジとグレープフルーツを絞るのが好きでした。
(いい香りで、贅沢で、美味しいジュース・・・)
板氷をアイスピックでまず正方形にし、丸氷を作ってく。
バーテンダー~って カンジですね。
たまに ウって手を刺したり!しましたが、
これも好きでした。
話はそれますが、アフタヌーンティールームの時もスターバックスの時も
開店前の仕込み、準備の空気感が大好きでした。
ティールームの時は茶葉を煮出してロイヤルミルクティーを作ったり、
スタバでは美味しいエスプレッソを出す為に、豆の挽き具合やマシーンの調整を
し、サンドイッチやデニッシュをいかに美味しそうに並べるか・・・
そんな朝の始まりの空気が好きで、
あそこで朝ごはんを食べたい!と車を走らせてしまうようなカフェを
作りたいと密かに思っています。
さて、話は10年前に戻り、シェイカー振るのも一通り出来るようになった時
下のメインのバーに行かないか?という話をいただき 喜んでいた頃。
・・・なんだか 体がおかしいなぁ。。
そう、お腹の中におにいちゃんがいたのでした。(ちなみに結婚してましたヨ)
正直なところ よし!これから って時だったので、複雑なキモチでした。
仕事を辞めて子育てへ。
それでも お店をしたい気持ちはつのるばかり。
おんぶをしながら、警固公園(福岡天神ド真ん中にある公園)でおにぎりと味噌汁を
朝のビジネスマン・ウーマン達に売れないだろうか[:ひらめき:]
そう考えた私は保健所に電話をしてみた。
「何を言ってるんですか~!」と怒られた。
売るには個包装が必要で、許可が必要で・・・
と無知な私はたじたじ。
そんなこともありました。
笑えるというか ほほえましいですが。
その時24歳。
なんだか 社会から切り離された感じがしたりもしてました。
子どもも小さいし どうしていこうか、
将来の計画をこの頃よくたててました。(今もたてますが)
10年後 こんな風に自分のやりたいことを
こんな感じに出来てるとは 想像してなかったです。
全てが 自分の思うとおりになった訳じゃなく
悪あがきもいっぱいして、ひやひやしたりもしながら
でも、自分の中の小さな光を必死になって追いかけてきたら
気づけば 色鮮やかな場所に出てた。
これからは、必死になるだけじゃなく
家族を大切に周りの人達に感謝しながら 心に余裕と微笑をもって
まだある自分の中の小さな光を追いかけて次の場所にいきたいと思います[:日の出:]
一つ一つを大切に。