2009年1月

コーヒー 出会い 焙煎機

2009年 1月は コーヒーを通してステキな出会いがたくさんありました。
1月半ば、憧れの焙煎機の1つディードリッヒの総合代理店
ノーザンコマーシャルの代表取締役の清水さんが九州にいらした際に
お店に立ち寄って下さいました。
清水さんがコーヒーに携わるきっかけになったお話や焙煎機のこと焙煎のこと。
貴重なお話をたくさんして頂きました。
清水さんがコーヒーを習った方とは スペシャルティコーヒーの語源となる言葉を
1978年のフランスのコーヒー国際会議で使用した
アメリカのKnutsen CoffeeのErna Knutsen女史!
ワクワクせずにはいられないです。
そして最初にも最後にも言われていた「コーヒーは人だよ」という言葉に感動。
しっかり胸にしまって 大切にしたいと思いました。
画像0198.jpg
焙煎機。
焙煎機はどれを使っても同じだよ という方から
焙煎機はメーカー、何k釜か、直火が熱風か半熱風かでかわってくるよという話まであり
手編み→サンプルロースターから次のステップの焙煎機を選ぶ時、
選んでからより一層、何が良いのか こんがらがって分かりませんでした。

しかし、
「おなじ豆を使った場合、おなじプロファイルでも焙煎機によって味は変わります。
メーカーの機械を造るうえでの哲学やコンセプトが違いますので。

調理道具選びは料理をする時とても重要です。」
とリトリートでお会いした清水さんの奥様からこう聞いた時
ナルホド!と思いました。
例えば包丁を選ぶ時。
有次にしようか木屋の包丁にしようか やっぱりグローバルがかっこいいなぁ~
などと 迷います。そして調べます。
その包丁の特徴・利点・その由来・デザイン・お手入れ方法・どんな料理に使いたいのか
そしてお値段。 その会社の包丁に対する熱い思いはあるか!?なんかまで。
(お客様の声はかなり参考になります)
鍋だったら クリステル、ルクルーゼ・・・フィスラーの圧力鍋もいいなぁ、働くママにはシャトルシェフもいいらしい。
ルクルーゼだったらどのカタチでどの容量が我が家にあったサイズなのか。
なんだ そういうことか!
自分の道具選びの基準と一緒なんだ。
それぞれの焙煎機の特徴 自分の焙煎したい味 なんかスキというフィーリングも
大事だろうな。
ディードリッヒは クリーンな熱源・キズをつけることなく・焦がさず、芯まで・自然に香ばしく
というのが焙煎機の設計製造の理念なんだそうです。
やさしく コーヒーの植物的特性が味に出る そんなおいしいコーヒーが焙煎できそうな
イメージです。
コーヒーはとてもシンプル。
素材はなままめ(生豆)だけ。
使う道具は焙煎機一つ。
火力と時間でコントロールして さらに焙煎する人の経験・技術・想像力・愛情で
出来上がる。
きっと そんなシンプルな潔さに魅かれているんだと思います。

カッピング スタート!

カッピング。
そして 焙煎。
2009年はしっかり基礎を固めたいと 思います。
every day カッピング!を合言葉に。
量をこなせば いつかは質となる。
やってるうちに 見えてくるものが きっとある。
まずは最初の一歩から。
という訳で 今日から自主レン カッピング はじめました。
写真は関係ないですが こんなふうに 無心に。
画像0229.jpg

ももち浜ストアーの撮影とコーヒー一家と

 今日は朝一番ももち浜ストアーの撮影がありました。
心もち化粧濃い目で(笑)
来週火曜日2月3日(火)放映です!
あたたかく 薄目をしてみて下さいませ。
やはりここでもプロデューサーさんの目にドーナツドリッパーがとまり
紹介させて頂きました。
コーヒーは好きだけど自宅でコーヒーは淹れない派の案内役のイケメン高村公平さんも
おいしかった!と帰りにドーナツドリッパーをお買い上げ頂きました。
(ありがとうございました!)
早速 今日発注しましたが 足りるかな・・・
しかし みなさんプロですね。
高村さんも台本はないとの事ですが、求められているナイスなコメントが
ザクザク。私がコメントに困っていたら何気にフォローして頂いたり。
顔がひきつってますが・・・

撮影途中に 白木原でお馴染みの 豆香洞の後藤さんが(自宅が近所なので)
愛息子を抱っこして散歩がてらお店に遊びに来てくれました。
写真撮ったと? あ 撮ってない! と写真を撮ってもらい
じゃわたしも、と愛息子とチャッカリ(笑) 笑顔でパチリ 撮らされました。
また いろんな生豆を持ってきてくれて コーヒー話。
いつも いいこと話してくれます。
しかし帰り際、自分の息子の頭をクンクン匂いをかいでいて 何してるんですか?
と聞くと この子いい匂いがすると。かいでみます?
って。遠慮しましたが 完全に親バカなんですけど 自覚されてないのが面白い。
そして 閉店間際 いや閉店後に マヌコーヒーの西岡君も一家とわんちゃん連れて
遊びに来てくれました。
でも もうお迎えに行かなくちゃいけなかったので またね、と。
でも ちゃちゃちゃ とコーヒー話。
相変わらず がんばっとうねぇ と言うと
コーヒー好きっちゃろ?コーヒー楽しいやん!がんばっとうとかそんなん言っちゃいかんよー。
と よくこういう一言を言ってくれるのですが うれしいのです。

只今コ-ヒ-豆を届けてきました

画像0127.jpg
ソネスさんで 「おいしいコ-ヒ-の真実」間もなく始まります!
予約もたくさん入ってるようで 先程も電話がかかってました。
参加したかったけれど お母さんは夕飯づくりがあるので 後ろ髪ひかれつつ 帰ります。
今回の立役者の三人さん。
気をつけて下さいね~と ゆるりとお別れ。
いい上映会になりますように。

京都のカフェタイムの山田さんが

 今日お店に立ち寄って下さいました。
SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の女性会が立ち上げられた、と聞いて
昨年末山田さんに参加したい旨のメールを出したのがきっかけで
来福された帰りに来て下さったのでした。
いやぁ 最初から最後までノックアウトでした。
コーヒーを淹れようとストーブのやかんからお湯を注ごうとすると・・・
せっかくだからカッピングしようか!と急遽カッピングタイム。
豆はもちろん・・・私がやいた豆。
どれにしようか迷いましたが、明日のソネスさんである「おいしいコーヒーの真実」で
お出しする(ことになりました!お時間ある方はぜひ!)エチオピアのシダモと
マンリービーチのブラジル・カルモシモサカ。
ピュ~っと金属音のような高い音。
(同じ条件できちんとカッピングする為にも まずは出来るようにならねば)
的確なコメントをいただきました。
夢はなに?と聞かれて
「おいしいカプチーノが飲めるお店で繁盛して海外からもあそこいいお店らしいよ~
と来てもらえるようなお店を作ることです。」
って言ったら それはたくさん勉強しないとね~。
でも、やる気があってまだ若いんだからがんばんなさい!と言っていただきました。
焙煎やカッピングや豆の販売などなど 分かりやすくたとえ話でして下さり
女性が働く事、ジェンダーの問題などなどたくさんのお話をしていただきました。
これ おもしろいねぇ とミルカフェをお買い上げいただき
ガシっと握手をしてお別れしました。
画像0009.jpg
山田さん たくさんのお話ありがとうございました!