2009年12月

素晴らしい!

091216_17195311.jpg
ケニアのお豆 Kiandu キアンドゥ。
二エリ地方。
通常コーヒーの生豆は麻袋に入っていますが
こちらは アルミのパックで小分けされています。
しかも 真空パックなので フレッシュ!
袋を開けて         「お~」
焙煎して 香りをかいで 「ひゃ~!」
カッピングして       「うわーー!!」 
1人なのに すごい すごい これ、すごいと
言っていました。
しかも 声でかかったと思います。
お客さまも 「コーヒーじゃないみたい!」
        「何 これ!?」
と 違いが分かるんですね。
スペシャルティコーヒーとは
際立つ印象的な風味特性があり、
爽やかな明るい酸味特性があり、
持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。
何より
消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中の
コーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、
消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。
とあります。
コーヒープレスで淹れたケニアを
つい口から出た感じで、アプレストのいしまるさんが
「おかわり ください」
と 言いました。
今までいつもコーヒーを試飲して頂いていましたが
おかわりを言われたのは 初めて。
感動しました。
素晴らしいコーヒーは 素晴らしい。

ギリギリですが 明日は11時より

開店とさせて頂きます。
次男の保育園の発表会のため
よろしくお願い致します。
演目は三匹のコブタ
「何するの?」と聞いたら
「ブタさん!」というので
兄ちゃんと違って 主役級やん と思ったら
わらのお家でした。
がんばれ! わらのお家!!

ワインとチョコとコーヒーと

 来年のバレンタインを目前に控えた

2月4日木曜日(*ほぼ決まりですが、日にちは予定です)
午後12:30と15:00の2回
ワイン会を開催致します!
(各定員10名・料金2100円)
講師はなんとホテルニューオータニ博多のシェフソムリエで
日本のソムリエ100人にも選ばれました
小松卓哉氏をお迎え致します。
091218_1733231.jpg
「ワインを選び、注ぐことだけが仕事ではありません。
一つひとつ心を込めて作られたワインを、
いかにおいしく飲んでいただくか。
そのためにできる限りの事をするのが私の使命です」
「ソムリエは”モノ”を残す仕事ではなく、
おいしかったという”記憶”を残すことが仕事です」
という小松さん。
アパートの小さなコーヒー屋で
素晴らしいソムリエの方と
小松さんに選んで頂いたワイン(いろいろお試し頂けそうです!)と
チョコと コーヒー(は どんな絡みになるのか!?)を
楽しんで頂きたいと思っています。
ワインの基本的な事を学び 
お家でも気軽にコーヒーのようにワインを楽しんで頂ける 
入門編になればと思っています。
そして秋にはボジョレーの時期に開催を予定しています。
すでに参加したい!という方で
1回目のお席が埋まってしまいそうでしたので
小松さんのご好意で2開催が決定しました。
日にちが決まり次第 またご連絡いたします。
ワインとコーヒーは共通点が多いのです。
私も今から楽しみです!

コガッチ画伯

091218_09573611.jpg

先月終わり、ツチヤマ画伯ことつっちーが今度はフィリピンに旅立ちました。
先日我が家に泊まった こがっちさんが宿のお礼にお手伝いを
というから チョークボードを描いてもらうことにしました。
でも つっちーが旅立つ前にクリスマスバージョンを描いてくれてたので
上からなぞるだけでいいよ、と言うと
「え~ これいつから?
 ずっと同じなんてダメよ!
 お客さんにしてみたら ただの壁よ壁」
でも 旅立ったつっちーの・・・とかなんとか言ったら
「生きとーっちゃけん いいと」と
がしがし消して・・・
いいのを描いてくれました。