2010年10月

まったく どうなってんだ!!!

このわくわくする感じ。
ちょっとした偶然がつながり続け
こんなかたちになるとは。
スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学のスピーチで
「点をつなぐ」話をしていますが 
いま
点と点がきれいなコーヒーカップの模様を描こうとしているみたいです。
阿佐ヶ谷(行ったことないのに もはや馴染みの場所)であった
エアロプレス大会に続き
12月5日(日)19時より

東京 VS 福岡 のラテアート大会をやります!!
タイムスケジュールは
19時 予選開始(20人)
20時 上位4名本選 
個人の順位、そして東京 福岡 どっちが1位なんだ!?という
ガチンコ勝負です。
ルールなど細かいことは追ってアップしていきます。
福岡は20人募集。
場所はマヌコーヒー 舞鶴店。
出場されたい方は norikosunagaアットgmail.com (アット=@) までメールを下さい。
・お名前
・連絡先(電話番号)
・意気込み(は なくても 笑)
参加費は500円です。
福岡はもちろん、九州の熱きバリスタさん コーヒーラバーの皆さん
ふるってご応募下さい!
p.s. 終了後 忘年会します。
ローカルなコーヒーコミュニティーの場になればと思ってます。
こちらだけの参加もOK。こちらのメールも待ってます。
(忘年会希望 と付け加えて下さいね)
おまちしております!

Trick or Treat!

           101029_1352091.jpg

「いまから おともだちのおうちに はろうぃんぱーてぃにいくので
 マロンとパンプキンを100ぐらむ まめのままでひとつください」

Super Local Aeropress Championship in Tokyo!

先日東京阿佐ヶ谷、カフェフレスコさんで行われた

スーパーローカルエアロプレスチャンピオンシップの
ハッピーな模様から。

これを作ったのは主催の大西君。
大西君はBLENZラテアート選手権2009で優勝。
Coffee Fest Latte Art Competitionで2位(世界2位ってことですね!)
の実力の持ち主。
来月からオーストラリアへ行ってコーヒーまみれになるそうです。
見事1位に輝いたのはinoさん。
inoさんとはツイッター上でお話ししただけで
実際にお会いした事はないのですが、
心やさしいコーヒーラバー。
どうして1位になったのか秘密はこちら
そして上位4名のレシピを英語と日本語で書いてくれたのが
もう1人の主催者で初代チャンピオンの三村くん。
がんばりましたね~
この大会の事を書いた大西君のブログJust for fun!!!
三村君のブログSTRANGE BREW
オスロのTim Wendelboeのティムさんにメールしました。
そしたらもう1人のティムさんから
「I have stolen your the blog post from Strange Brew and
 I have added it to the WAC blog.Hope this is OK!」と!
公式のWorld Aeropress Championship にどどーんと。
さらにNew York Times にもこの大会の事が!
(これもツイッターにて兄さん!?より情報いただきました)
なぜか心惹かれたエアロプレス。
福岡を飛び越え「エア エアロプレス」で参加し
その大会が東京を飛び越え世界へ。
とっても心と目頭が熱くなりました。
(最近よう泣けます。何にというとコーヒーに。)
ちなみに「エア エアロプレス」とは
あらかじめレシピとメソッド(手順、方法)を伝えておいて
それを代わりにやってもらうこと。笑
最後に最初のティムさんが冒頭のビデオを見ての感想で、
締めくくりたいと思います。
「Looked like you had a great time.
Wish I could have been there to taste the coffees!」

World Aeropress Championships London 2010

今日はエアロプレスづいていますので、
ロンドンで行われたワールドエアロプレスチャンピオンシップ「以下WAC’s」
(始まりは2008年)
の模様を書きたいと思います。
WBC入り口前の日替わりでいろいろなコーヒーが楽しめる
Brew Bar(ブリュー バー)にて 
WAC’sの決勝が行われました。
決勝が始まるにつれ 人が集まってきました。
選手のみなさんは、緊張された面持ち。。
かなり緊張されていて、手がふるえていました。
機材のトラブル(お湯が出てこなかった?)で急遽代用のポットが。
審査です。
抽出が終わり、どれが誰のかは分からない状態で
審査員一同で味をみます。
カッピングスプーンでズズッ。
純粋にどれが美味しいか、が決めてです。
(ちらっと後方 井ノ上さん発見)
どれがいいと思う?
私これ。
僕もこれ。
みたいな感じで和やかに審査中。
ボブのきれいな方はスクエアマイルで焙煎をされていて
2007年のカップテイスターズのチャンピオンでもあります
アネッタさん。
向って右の斜めがけをされてる方は
ノルウェーのTim Wendelboeティムさん。
ティムさんはすごいです。
2004年のWBCチャンピオンで
2005年のカップテイスターズチャンピオンで
2008,2009,2010 Nordic Roaster 1位。
結果発表!
ドキドキ
面白かったです。
よし!と思い立ち
2011年のWAC’sにエントリーしたいです、と
ティムさんにメールをしたら
その時は・・・
「とても早いエントリーですね。まだどこでやるのか決まってないです。
ブログをチェックして下さいね」という事でした。
今は決定しています。
2011年の WAC’s はWBCと同じコロンビアで6月に開催されます!

ASKUL

アスクル=明日来る 
なのに
今日頼んで 今日届きました。
101025_1607181.jpg
ちょっと感動。
話は少し違いますが
芸大の学長さんが言ってました。
「芸術家はさんまと一緒。
旬の時期にがんばらないと。」
毎日はゆっくりなようでいて
その時は アッという間にすぎてくもの。
毎日を黄金の時間にしよう。
アスクルなみに スピーディにやってくぞ。
マンリーコーヒー。