2015年2月

About my daughter

りりちゃん ありがとう(前編)

今日はもうすぐ1歳になるりりちゃんのことについて書きたいと思います。

Processed with VSCOcam with c1 preset

りりちゃんはダウン症として産まれてきました。
その合併症として房室中核欠損症という心臓の病気があり、
出産したその日にこども病院のNICUへ行きました。

約1ヶ月後にバンディングという手術をし無事成功。
しかしその傷が感染症をおこし3回の傷をきれいにする手術をし
ようやく落ち着いて退院したのが8月終わりでした。

ダウン症として産まれて来たこと、心臓の病気、手術、これからのこと。
最初は夫婦2人で泣きました。
私はもう自分の人生は終わったと思いました。
お店もコーヒーももう出来ないと思いました。

友達夫婦が「みんなで育てていこうや!大丈夫よ!」と言ってくれました。
おじいちゃん おばあちゃん達もお守りを送ってくれたり
手伝いに来てくれたり
みんなりりちゃんが元気になるようお祈りしてくれました。

同じダウン症をもつステキな友人達と出会いました。
いつものお客さまが段々と「無理しないで出来る時でいいので」と
コーヒーの注文をくれました。

家族みんながりりちゃんをかわいがり、
お互いを思いあえるようになり
絆が深く、強くなりました。

unnamed-2

unnamed-1

りりちゃん誕生のお陰でいろんな事が大きく変わりました。

Processed with VSCOcam with m5 preset

まだりりちゃんがNICUにいる頃、真中のお兄ちゃんがさささ〜と書きました。
(ちなみにあきらは主人の名前です)
これを見て、こういうことやったのかと涙が出てきました。

ありがとう りりちゃん。
これからも よろしくね。

unnamed-5