ABOUT SPECIALTY COFFEE

スペシャルティコーヒーとは

1978年フランスで開かれたコーヒー国際会議で
アメリカKnutsen Coffees社のエルナ・クヌッセン女史が
「スペシャルティコーヒー」という表現をはじめて使用したことから
始まりました。

“特別な気象・地理的条件が特徴的な風味
(フレーバー=テイスト+アロマ)を持つコーヒーを生む”
〜Special geographic microclimates produce beans
with unique flavor profiles〜

この提唱が欧米を中心に世界各国へ広がっていきました。

1545789_602633903123583_963582558_n

70年代、質より量に重きがおかれた結果コーヒーは価値を落とし消費量は減少。
そんな中各国のロースターは高い付加価値を掲げ、消費者に対し
その当時では最も魅力的な風味特性を持つコーヒーを提供しました。

買い付け担当者は生産地へ行き農園を視察し、
求める品質のコーヒーの生産に対し付加価値(プレミアム)を
支払い、消費国の求める新たな品質基準を教育。
こうした新しい取り組みにより、それまでの相場商品であった
コーヒーがそれ以上の新たな価値を伴った
“スペシャルティーコーヒー”へと生まれ変わりました。

所属する日本スペシャルティコーヒー協会では
“消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、
消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、
爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。

カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階に於いて
一貫した体制・工程で品質管理が徹底している事が必須である。(From Seed to Cup)

具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別
そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、
欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。
さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。

日本スペシャルティコーヒー協会は、生産国から消費国にいたる
コーヒー産業全体の永続的発展に寄与するものとし、スペシャルティコーヒーの要件として、
サステナビリティとトレイサビリティの観念は重要なものと考える。”