“So I started to explore the world coffee more seriously.”

TIM WENDELBOE shop3

“そこで、コーヒーの世界を真剣に探求することにしました”
ー「COFFEE WITH TIM WENDELBOE」はじめに より

TIM WENDELBOE shop2

日本語版の「COFFEE WITH TIM WENDELBOE」は
まるでティムさんが隣に座って語りかけてくれるようで
とても分かりやく、コーヒーについての理解を深めてくれる1冊です。

ご予約いただいた発送のお客様には発売日に発送し、
店頭受取のお客様には本日ほとんどお渡しする事が出来ました。
たくさんのご予約ありがとうございました!

今和訳出版に当たり、ティムさん来日中です。
各地でイベントが催され、参加された方々みなさん楽しそうです。

Instagram @timwendelboe #timwendelboe

TIM WENDELBOE shop5

ティムさんはワールドバリスタチャンピオン、カップテイスターズチャンピオン、
ノルディックロースターのチャンピオン(私もチャレンジしましたが惨敗)と
数々のチャンピオンになっています。

チャンピオンになり続けることもすごいのですが、
そのコーヒーに対する姿勢、好奇心、それをみんなとシェアする
ところがステキだな〜と思います。

そんなティムさんは最初から順風満帆だった訳ではなく
2年連続でバリスタの大会で優勝を逃し愕然とし
コーヒーについて知るべきことがたくさんあるのだ!とわかったことが
コーヒーの旅のはじまりになったようです。

そしてエアロプレスの大会を始めたのもティムさんなんです。

World Aeropress Championship

World Aeropress Championships London 2010

スペシャルティーコーヒーの世界は産地で、マシーンも
そして焙煎も抽出もサービスも常にどんどん進化を続けています。

本の引用が多くなりますが、
“コーヒーの知識は、遅かれ早かれ古いものになっていきます”
“それでも我々は常に、固定概念を覆すような新しいことを学びます”
“最も重要なのは、柔軟でありながら、ここで学ぶ基本的な知識をもとに、
コーヒーという飲み物についてさらに深く知ることです。”

TIM WENDELBOE shop4

2010年初めてオスロに行った時はティム ウェンデルボーには辿り着けず、
その代わり当時フグレンオスロで働いていたフグレントウキョウのけんじさんに
出会いました。

写真はようやく2013年に辿り着いた時のものです。

学ぶこと、積み重ねていくこと、磨いていくこと。
コーヒーの旅はまだまだ続きます。
一緒に旅を続けましょう;)

7th Anniversary!!

coffee farm2

ラッキーセブン。
半分休業のような状態にも関わらず、
マンリーコーヒーを変わらずご利用いただいているお客さま、
応援して下さっている皆さま、そして家族に支えられ
10月1日でマンリーコーヒーは7周年を迎えます。
本当にありがとうございます!!

ご注文をいただく度、うれしいメールやお手紙、お声がけをいただく度
元気と希望が湧いて力になり、こうして続ける事が出来ています。
心より感謝申し上げます。
だからこそ心からおいしいと感じていただけるコーヒーを
お客さまに楽しんでいただきたい、今改めて強く思います。

そして、ちょうど7周年目を迎えるにあたり、
妹がマンリーコーヒーを一緒にやっていってくれる事になりました。
勤めているホテルを今月で辞めコーヒーの世界へ。

roast

8月からコーヒーの勉強会をスタート。
前回は焙煎を初体験。
ソムリエを持っているので香りや味の表現がおお!といったコメントが飛び出したり
出来たコーヒーも私とは違う味でキュンとなりました。

本人の希望で短期間ですが10月半ばコーヒーの街メルボルンへ。
いい出会いもありコーヒーまみれになって帰ってきそうです。

本格始動はりりちゃんが落ち着いてからになりますが
姉妹力を合わせておいしくステキな新しいマンリーコーヒーを
つくっていきたいと思います。
これからのマンリーコーヒーもどうぞよろしくお願いいたします!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6th Anniversary!!の記事

◯ 病院からまだ連絡がなく9/27(日)まで焙煎出来そうです。
秋のコーヒーのご注文お待ちしております。

こちらからどうぞ♩

coffee farm

P.S.りりちゃんが落ち着いて、7周年のささやかな何かが出来たらと考えております

感謝を込めて。  須永 紀子

Drip Bags

drip bags
忙しい時や出張時、おいしいコーヒーを楽しむカンタンな方法が
ドリップバッグ。

店頭では現在販売していないのですが
9月18(金)、19(土)、20(日)
西部ガスショールーム・ヒナタさんのイベントで
ドリップバッグの販売をして頂くことになりました。

COF-FUK/コファックのブースで試飲販売されます!
(コファック全店ではありません)
前回もヒナタさんでコファックのドリップバッグを販売させて頂いたのですが
どんどん売れていったとの事。

今回もコファックの、福岡のコーヒーシーンの縁の下の力持ちこと
こがっちが各店のコーヒーをサンプリングしながら
楽しいトークをしてくれますよ :)

詳しくはカフェトラの”カラダが喜ぶフェスタ2015″ページへ
http://www.cafetribe.com/karadagayorokobu/
カフェトライブの久原さん、ありがとうございます!

drip bags2

そして、D&D福岡さんでもマンリーコーヒーのドリップバッグ販売頂いております。
ダイニングでは福岡のコーヒーバトンでコーヒーが楽しめるのですが
こちらも各店舗のドリップバッグがズラリ!
秋の食器や文具を探しがてらコーヒーバッグハントへお出かけしてみては
いかがでしょうか。

D&DEPARTMENT FUKUOKA

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Info 1.
ドリップバッグに使っているコーヒー豆
[ブラジル] ブラジルCOE上位入賞常連のシッチオ・ダ・トーリのスペシャルマイクロロット
SITIO DA TORRE / 250g ¥1,500(税込) 500gお得パック ¥2,440(税込)
ヘーゼルナッツ、オレンジ、ミルクキャラメル、レーズン
クリーミーでシロップのような甘さが心地よいコーヒーです

Info 2.
水出しコーヒー完売いたしました。
また来年お会いしましょう!

Japanese edition 「COFFEE WITH TIM WENDELBOE」!!

TIM WENDELBOE shop
尊敬するコーヒーパーソンの1人、
ノルウェーオスロのTim Wendelboe(ティム・ウェンデルボー)著作
「COFFEE WITH TIM WENDELBOE」の和訳本がいよいよ出版されます。
マンリーコーヒーでも少しですが取り扱いさせていただきます!

tw_kaffe_baw_4
Phot via Tim Wendelboe

この本は東京のフグレンさんと有限会社カイカイキキさんとの共同発行。
発売開始は9月24日で価格は2800円(税別)です。
(なんとお手頃価格!)

以下Fuglen Tokyo FBより

“最も重要なのは、柔軟でありながら、ここで学ぶ基本的な知識をもとに、
コーヒーという飲み物についてさらに深く知ることです。
コーヒーの淹れ方は何通りもあります。
この本では、さらにいいバリスタ、コーヒー職人になるための手助けをしたいと思います。
始める前にひと言。
コーヒーに対する先入観を捨てて、コーヒーとは一体何なのか発見して下さい。
でも、忘れないで。最も大切なのは「風味」であることを。
(本文冒頭より)

この本では、コーヒーを美味しく淹れるための基本的な知識から、
コーヒー豆の品種、収穫から精製、焙煎の知識や美味しいコーヒーの購入に関してなど、
コーヒーについての必要な知識を幅広くそしてより深く、
しかもとても分かりやすく教えてくれる本になっています。
コーヒーのプロを目指す方から、家でのコーヒータイムをよりレベルアップさせたい方など
全てのコーヒーファンにおすすめです。

発売を記念致しまして、著者であるTim氏を日本にお招きして、
東京、京都各地で発売記念イベントを開催致します。
9月24日(木)19:00より京都WEEKENDERS COFFEE 詳細http://www.weekenderscoffee.com
26日(土)18:30 FUGLEN COFFEE ROASTERS
27日(日)20:00 代官山蔦屋書店
28日(月) Bar Zingaro
各イベントでは本の販売や紹介だけでなく、
Timがコロンビアに購入した農園での活動などのお話もしていただきます。
ぜひ、Tim氏本人と一緒に、この素晴らしいコーヒーの書籍の完成をお祝いしましょう!”

unnamed
本当に素晴らしい本で、私は約4年前当時バンクーバーにいたなおこさんに
買って来てもらいました。

そして、実は私この本を翻訳しようとしていました。

3年前フグレンでティムさんとのカッピングセッションがあり
その後けんじさん達と一緒にお昼を食べに行きました。
ドキドキしながら「翻訳していいですか?」と聞いたら
あっさり「OK!」
しかし喜んだのは束の間、出版するには数々のクリアしなければいけない問題があり
あえなく断念したのでした。

unnamed-2
(懐かしい。Oさん撮影。)

きっといろいろな人の力と思いで完成した
「COFFEE WITH TIM WENDELBOE」
日本語で読むのが楽しみです。
まず1番に買います笑

予約受付のカートを作りました。
ご希望の方はこちらからどうぞ!

unnamed-1

Japanese AeroPress Championship 2016

wac-2015_event_1930wac-2015_event_1625-1
-photo via World AeroPress Championship

夏から秋へ。
ジャパンエアロプレスチャンピオンシップ2016の準備が始まる季節になりました。
JAC2016はフレッシュな4人のメンバーでお届けします!

リーダー 山下 佐和子 (Sawako Yamashita) / WATARU&Co.,Ltd.
image-1
第1回JACに選手として参加頂き、その後は一緒にJACを作ってくれているさわこさん。
大会でのマイクパフォーマンスが素晴らしく、JACのお姉さん的存在。
コーヒーへの情熱、愛情が素晴らしいJAC2016のリーダー。

サブリーダー 冨宿 のぞみ (Nozomi Fushuku) / NOZY COFFEE
unnamed-5
JAC2014に選手として参加頂く。バリスタ、ロースター、カッパーと幅広く活躍。
おいしいコーヒーを追求するとびきりの笑顔がステキです。
ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップ2015準決勝進出。

佐々木 修一 (Shuichi SasakiPaul) / Paul Bassett
a18
2014 World AeroPress Champion エアロプレスの世界チャンピオン。
JAC2015ではジャッジを務めて頂きました。
世界大会で戦うノウハウをJAC2016に吹き込んでもらいます。

粕谷 哲 (Tetsu Kasuya) / Coffee Factory
10363851_361891044014214_6338724336172544447_n
2015 Japan AeroPress Champion 今年の日本チャンピオン。
世界大会の空気に触れたくさんの事を感じたそうです。
その後も精力的にチャレンジ。ジャパン ブリューワーズ カップ2015準決勝進出。

先日おいしいピッツァを食べながら最初のミーティングが開催され
楽しいアイデアがたくさん出ているようです。
毎回違う土地で開催されるJAC。
どこになるのか気になるところですね!

詳細はJACのFBで案内があると思いますので
ぜひ いいね!をよろしくお願いします。
Japan Aeropress Championship Facebook

今回私はりりちゃんの事があり動くのが難しいだろうという事と
時代がどんどん動いている現在、
若い感性で新しいエアロプレスの大会を作ってもらいたいなと
考えていました。

今回お忙しい中4人の方々が快く引き受けて下さり
心から感謝すると同時にとても楽しみです。
新しい時代の1ページがはじまる、勝手にそんな気配を感じています。

Keep an eye on the JAC2016!!