“PROCESSING”ーCQI公認「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」が開催されます!

IMG_20180918_201329
Photo by Coffee Quality Institute HP

“PROCESSING”=プロセシング、プロセス、精製、生産処理ともよばれる
コーヒーチェリーの中の種を取り出す様々な方法のこと。
プロセシングは生産地、品種と並んでコーヒーの味を決めるとても重要な要素の1つです。

現在生産国では日々新しいチャレンジが行われいて、スタンダードなものだけではなく
新しいプロセスがうまれています。

そのプロセスを現地に行かずともここ日本で
座学と実際のカッピングでしっかり学べるプログラムが開催されます!
さらに資格も与えられます。

コーヒーチェリー2

以下、
日本スペシャルティーコーヒー協会のHPより

「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」は、
コーヒーのプロセシング(精製)に関する2日間連続の短期集中講座です。
米国のCQI(Coffee Quality Institute)が2017年に新設した
「Qプロセシングプログラム」の初級編にあたります。

「Qプロセシングプログラム」はコーヒーのプロセシング(精製)に関する理解を深め、
コーヒー品質の向上や、精製の手順の標準化、生産者の競争力の強化、リスクの低減、
サプライチェーン全体を通じて信頼できるシステムの構築に資することを目的としています。

「Qプロセシングプログラム」は既存の「Qグレーダー」とは独立したプログラムであり、
初級(レベル1:ジェネラリスト)のほか、中級(レベル2:プロフェッショナル)と上級(レベル3:エキスパート)の
3階層の講座・資格で構成されます。

レベル2とレベル3は実際に精製に関わる人や精製を学術的に研究する人のための内容で、
産地での実地研修が含まれるのに対し、
レベル1は主要な精製方法とその進め方やコーヒーの風味への影響について学びたいと考える
すべての人を対象とした、座学とカッピングが中心の講座です。

「Qプロセシングコース(レベル1:ジェネラリスト)」募集要項
開催日 2018年10月29日(月)~30日(火)
時間帯 第1日 9:30~18:30
第2日 8:30~17:30
※詳細な時間割は受講が決定した方に当日までにお渡しします。
会 場 UCCコーヒーアカデミー SCA認定ラボ

詳しい学びの内容がSCAJのHPに載っていますが
すべて学びたいことばかり!このコースで行われるカッピングも
日本で経験する機会はなかなかないサンプルです。
行きたい!!けれど今回は行けません。。

Coffee Quality Institute の
HP
YouTube
に色んな情報が載っているのでPROCESSINGの学びを深めたいと思います :)

IMG_20180918_201257

動画はこちらをクリック!Coffee Quality Institute YouTube

# Coffee is beautiful, Life is beautiful

————————————————————————

お豆のご注文はこちらから! ONLINE SHOP

【INSTAGRAM】@manly_coffee

【FACE BOOK】@manlycoffee

MANLY COFFEE 営業時間 
水、木、金 10:00-15:00 土 8:00-17:00

〒810-0014 福岡市中央区平尾2丁目14-21 
TEL&FAX:092-522-6638