TEPPANYAKI→Medium Rare→WITH THE STYLE

今日は 明日オープンする (私の大好きな)ウィズ ザ スタイルの鉄板焼き屋さんへ 行ってきました!
画像0326.jpg
お店の名前は 「Medium Rare」。
直球な名前です。
明るいプールサイドのカフェはとは異なり
一転 大人な空間です。
画像0302.jpg
しかし、私も十分に大人になったので
この大人具合が心地よく いい大人になった気分です。
注文させていただいたのは、一番リッチなコース!
夜だと5,500円のところ、お昼はほぼ一緒のコースで3,500円。
(お値打ち!)
1.前菜 菜の花と揚げ茄子のマリネと和牛のユッケ
2.胡麻を油であえたドレッシングのサラダ
 →このドレッシングは2g単位で味を試し 試行錯誤を重ねられたそう。
 胡麻の風味が効いてます!
4.春の焼き野菜 新じゃが(ホクホク甘い)  かぶ(焼いて食べるなんて新鮮)
           新玉ねぎ(うまみがじゅわ) 福岡県産のアスバラガス
           さっくりいためた春きゃべつ
5.お待ちかね 和牛のステーキ! 店名のミディアムレアで☆ 
画像0216.jpg
  イタリア産の塩・和風ぽんず・りんごと赤ワインのジャポネソースでいただきます
  どれも美味しかったけれど、イタリアの塩がハマりました。
6.赤だし 御飯 香の物 (器がステキ)
7.ガーリックライス  しそがアクセントでさわやか。
  嬉しかったのは「シェアをなさいますか?」と聞いていただいたこと。
  友達はハンバーグのコースでガーリックライスは私だけ。こうした気配りが嬉しいです。
場所をバーに移して デザートタイム。
画像0315.jpg
ラ・バッツアのコーヒーとグレープフルーツの爽やかなシャーベット。       
画像0308.jpg
よく見ると 砂糖には ”Our Pride is The Tast”  と書かれています。 
画像0309.jpg
こうした細部にこだわる姿勢が、ステキな理由の一つなんだろうな。
そして、お口直しのガム。
これもオリジナルパッケージを計画中とのこと。
最後に、私達を美味しく楽しませてくれた 浦田さん。
小説を書くのが趣味だそう。(バラしてごめんなさい。)
画像0307.jpg
額に汗をかきつつ、素材に合わせた絶妙な焼き加減で
「和」をテーマにした鉄板焼きを堪能させていただきました。
ご馳走様でした!
ちなみにハンバーグはまず8通りを試作。さらに絞り込んで試作、試作・・・
浦田さんがこだわったハンバーグを次は食べに行こう!